PHOTO-TABI~フォト旅~

photo and travel and more…

カメラ

【カメラNOTE:3】初めてでも簡単「ISO感度」の基本を説明します!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1_Primary_logo_on_transparent_338x63.png

こんにちは!
PHOTO-TABIブログを運営しているだいだいと申します。

カメラの勉強を兼ねて、記事にまとめているカメラ勉強会の第3回、本日はカメラの基本機能である「ISO感度」についてご説明していきます。

ISO感度は、写真を明るく撮影することが出来る機能です。夜のスナップや水族館、室内撮影で役立ちます。
f値やシャッタースピードとセットで調整する場面が多い大切なものなので、是非覚えてみてくださいね!

ISO感度とは?

デジタルカメラで言うISO感度とは、光を取り込むレベルを調整する機能です。
同じ被写体でも、取り込める光のレベルをあげることで、明るい写真に仕上げることが出来ます。

そんなISO感度において大切なことは2つ。

・明るさのコントロール
・ノイズ量のコントロール

順にご説明します。

明るさのコントロール

ISO感度の数値が高いほど明るく写真を撮ることができます。
明るさの目安として、参考画像と共にシチュエーションのご紹介をします。

【ISO感度100:快晴】

【ISO感度400:テーブルフォト】

【ISO感度1600:暗めの室内】

【ISO感度3200:明るい夜景スナップ】

【ISO感度12800:暗い夜景スナップ】

※すでに明るい場所でISO感度を大きくしてしまうと画面が真っ白になってしまうため、注意が必要です。
ISO感度は、マニュアル設定にしてもAUTOモードがありますので、カメラにお任せしちゃうのも手かもしれません!
下記にてご説明しますが、ノイズが気になる場合に、ISO感度を調整していきましょう。

ノイズのコントロール

ISO感度の数値が高いほどノイズ量が増えていきます。
ノイズというのは、画素が粗くなることを指し、シャープさの欠けた写真が出来ます。上記のISO感度12800だと画質が悪いことがわかりますでしょうか?
そのため、明るさはf値やシャッタースピードで調整することを優先してくださいね!

ISO感度と明るさ・ノイズ量の関係はこちらをご参考ください。

ISO感度の+α

ノイズが増える理由

ISO感度は、光を取り込むレベル値とお伝えしました。
光は撮像素子により取り込まれ、電気信号に変わって写真が記録されます。
そのため、正確には「ISO感度は取り込む電気信号のレベルをあげる」機能になります。

カメラは光を集めて写真にする機械なので、光が弱いと電気信号が小さく写真にすることができません。それは困るので、弱い電気信号をISO感度で無理やり大きくします!そうすると、電気信号が大きくなって明るい写真を撮ることが出来るのですが、もともと写りこんでいたノイズのレベルも大きくしてしまいます。そのため、高いISO感度で写真を撮ると、ノイズが目立ってしまうという仕組みです。

ISO感度とシャッタースピードの関係

ISO感度を2倍にすると電気信号は2倍になるため、シャッタースピードを2倍にしても写真は暗くならず、狙った通りの写真が撮影できます。ISO200からISO400に上げた場合も同様に2倍です。そのため、シャッタースピードを下げることが出来ない場合は、ISO感度をあげて調整してください。

関連機能

Av(絞り)モード

こちらはf値を手動で決めて撮影するモードです。
ISO感度も合わせて調整することができるため、
ISO感度とf値の関係性を学びたい方は是非ご利用ください。

Tv(シャッタースピード)モード

こちらはシャッタースピードを手動で決めて撮影するモードです。
ISO感度も合わせて調整できるため、
シャッタースピードとの関係性を学びたい方は是非ご利用ください。

M(マニュアル)モード

こちらは、F値・シャッタースピード・ISO感度すべてを手動で行うモードです。
カメラを触っている感じが一番するモードですね。
詳細は別記事にてご説明予定です。

最後に…

ISO感度に関するご紹介はいかがでしたでしょうか?

初めはよくわからない機能かと思いますが、使いこなせると夜景や夜のスナップでの活躍間違いなしです!少しずつ使ってみて、徐々に慣れていってくださいね!

本日はここまでとなります。
ご拝読いただき、ありがとうございました。

前回の記事:シャッタースピードについて

カメラやレタッチのリンク集

その他の記事についてはこちらをご覧ください。
カメラの操作方法やレタッチの方法・Luminar4の解説をしております。

写真×旅行が好きな社会人です!自分の経験を周りに発信できればと思いブログを開設しました。私がカメラを趣味と呼べるまでに学んだことや、気になっているフォトスポット、旅行記事など、少し役立つコンテンツを目指して鋭意作成中です。主に、カメラ・写真・旅行・レタッチ・音楽・電子回路・結婚式~家族について、これまでの失敗談や成功談を交えてお話します。