PHOTO-TABI~フォト旅~

photo and travel and more…

カメラ

【カメラnote:12】HDRとは?~仕組みと撮影方法・作り方について~

こんにちは!
PHOTO-TABIブログを運営しているだいだいと申します。(下記SNSへのリンク先です。)

カメラの勉強を兼ねて、記事にまとめているカメラnoteの第12回、本日は「HDR」についてご紹介いたします!

ポートレートや風景を撮影する時、逆行や夜景の環境だと白飛びや黒潰れしちゃった経験はありませんか?
HDRとは、そんな場面でも綺麗に撮影することのできる機能です。
最近ではスマートフォンのカメラモードでも当たり前のようにこの機能が使われています。
下図はそんなHDRあり/なしの写真になります。

そこで本日は、HDRの仕組みと撮影方法・撮影できる写真についてご説明していくのでよければご覧ください✎

HDRとは?

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、そのまま和訳すると「高い動的可能な範囲」となります。

カメラで言うダイナミックレンジというのは、「処理のできる信号(光)の範囲」を表した言葉なので、HDRとは、通常撮影(SDR/スタンダードダイナミックレンジ)よりもより広い明るさの幅を表現できる撮影方法のことを表します。

SDRとHDRの差は下図の通りとなります。
人間の目はダイナミックレンジが広いため、SDRでは見た景色そのままを撮影することが出来ませんが、HDR撮影をすることで、複数の明るさを合成し、人間の目以上のダイナミックレンジを確保できます。

HDR推奨の撮影シーン!

明暗差のある場面を撮影する際に活躍するため、撮影に推奨されるシーンは

・太陽光や照明など逆光が強い場面
・暗い場所(室内や日陰)から明るい場所を撮影する場面
・光が反射している場面

といった場面のポートレートや風景撮影などです。

特に屋外を撮影する場合、太陽光の光が強すぎて白飛びしてしまうのでHDR撮影をオススメします!

逆に下記のような非推奨シーンというのもあります!

・被写体が動く場面
・鮮やかな写真を撮影したい場面

特にHDR撮影は複数枚の合成を行うため、被写体が動くとブレてしまい綺麗に撮影できないのでご注意ください。

鮮やかな写真を撮りたい場合は、HDRでコントラスト・発色が失われてしまう可能性もあるので気を付けましょう!

HDRの撮影方法!

最近ではスマートフォンでも簡単に撮影できるようになりました!
私の所有している【iphone12】と【ミラーレスカメラ】を参考にご説明します。

iphoneの設定方法

①HDR機能を手動設定に変更する。

最新のiosでは、HDRが標準設定となっています。
そのため、今回はあえてHDR機能を手動設定できるように変更します。

iphoneの【設定】から【カメラ】を選択し、【スマートHDR】をオフにします。

②カメラ右上の【HDR】を設定

標準ではカメラ右上にHDRの表示がありませんでしたが、①を設定することでいつでもHDRのON/OFFが出来るようになります。
下図では、左がHDR OFF、右がHDR ONになります。
白飛びしている左の写真に対し、明暗差が少なくバランスよく見えるようになれば成功です!

カメラの設定方法

①カメラのメニューからHDRの設定

②Dレンジ調整からHDRをON

仕上がり効果などはお好みで選びましょう!

③重ね合わせる光(明るさ)のレンジを調整

これで次撮影する1回はHDRモードで撮影することになります!

後からHDR画像を作る方法!

写真を撮っている時はHDRを忘れていたけど、HDRの写真を作りたい!
と思っている方必見!
1枚のSDR写真を使って、後からHDR写真を作ることが出来ます。

たくさんのアプリが世の中にはありますが、PCで使用のできる2種類を今回はご紹介します。

※ただ、すでに撮影してある写真を合成するのでノイズが目立ったりしてしまう可能性もあります。
 (撮影した時にすでに黒い部分はこれ以上明るくならず、逆にノイズが目立ってしまいます。)
 綺麗なHDR写真にしたい場合は、撮影時にHDR撮影をするのが一番です!

①Digital Photo Professional 4

キャノンから無料で配布されている編集ソフトです。

右上のHDR合成を選択します。

同じ画像を3枚選択し、「HDR合成開始」を選択します。

最後に、合成の細かいパラメータを選択するだけで簡単に作成が可能です!

SDR撮影した写真1枚でも、後からHDR合成をすることでこれだけ表現することが出来ます!

②PhotoScape X

次にフリーソフトである「PhotoScape X」をご紹介します!
僕が文字入れなどの画像編集などに使用している使いやすいソフトで、HDR合成も簡単にすることができます。

まず、右の欄の【HDR】を選択します。

細かいパラメータが選択できるので、お好みに調整します。

こちらもSDR撮影した写真1枚で、このようなHDR写真を作ることが出来ます!

終わりに…

本日のまとめです!

HDRついて

・HDR(ハイダイナミックレンジ):広い明るさの範囲を表現できる撮影方法

・HDR合成:複数枚の写真を合成して作った明暗差の小さい写真のこと

・HDR推奨シーン:逆光や夜間などの明暗差の大きなシーン

・HDR非推奨シーン:動きの速い被写体や鮮やかな写真を撮りたい場合

・HDR合成は撮影時に行うのが一番綺麗!

以上が、HDRに関するご説明でした。

簡単な内容なのにとっても綺麗な写真を撮影することができる機能なので、是非ご利用ください!

それでは、本日はここまでとなります。
ご拝読いただきありがとうございました!

前回の記事:画素数や解像度とは?

カメラやレタッチのノウハウ集

写真×旅行が好きな社会人です!過去の自分が記事を読んだ時に、カメラのことを1から理解できるような内容を目指してブログを開設しました。僕がカメラを趣味と呼べるまでに学んだことや、気になっているフォトスポット、旅行記など、少し役立つコンテンツを目指して記事を作成しています。【主なテーマ:カメラ・写真・旅行記・レタッチ・フォトスポット・電子回路・ライフ・結婚式~家族etc】 是非ご覧ください✎