PHOTO-TABI~フォト旅~

photo and travel and more…

レタッチ

【レタッチ研究NOTE:13】春の柔らかさを表現する、青空と菜の花レタッチの方法!

こんにちは!
PHOTO-TABIブログを運営しているだいだいと申します!

レタッチnote第13回、本日は、「青空菜の花レタッチ」についてご紹介いたします。

始めに…

青空菜の花のレタッチとは、×黄色のコントラストを最大限に活かして、柔らかな春を表現するレタッチです!

せっかく撮影した菜の花も逆光や影などが映りこみ、綺麗に再現できないと感じている方は、是非一読いただけると幸いです。

青空菜の花レタッチの手順

お写真やレタッチソフトによって調整方法は異なるため、下記を参考にご自由にカスタイマイズしてください!

①明るさ調整

まずは写真の明るさを調整します!

これは、どの写真にも使えるテクニックですが、
「シャドウ」と「黒レベル」を上げると写真が柔らかな雰囲気になります。

そのため今回も、「シャドウ」「黒レベル」を最大限上げていきます。
そして、「ハイライト」「白レベル」は白トビしない程度に上げます。

②カラー調整

ここが今回のレタッチで1番大切な部分になります!

ポイントは、
・青空をより鮮やかに
・菜の花を目立たせて
・葉や茎を若々しく
の3つを目標にレタッチしていきます。

まずは、自然な彩度をあげることで、写真全体を鮮やかにレタッチします。

これだけでも十分鮮やかには見えますが、個々の色をさらに調整することで、より鮮やかな写真になります。

青空と菜の花が対象となるので、「黄」「緑」「青」の3色が対象です。

菜の花の茎を若々しくしたかったので、緑については色相を。
空については、より鮮やかにしたかったので彩度を調整します。

③トーンカーブの調整

ここが春の柔らかさを表現する秘密のテクニックになります。
トーンカーブの左下を枠に沿ってあげるだけで、ハイキーな写真となります。

ここは完全にお好みとなりますので、そのままでも大丈夫です!

④仕上げのお好み調整

最後に、ゴールデンアワーやグローなど、各レタッチソフトにあるお好みの効果を追加して終了となります!
私はLuminar4のゴールデンアワーという機能を最後に追加しました。

終わりに…

以上が、「青空菜の花レタッチ」に関するご紹介でした!

青空と菜の花という限定的な場面の記事でしたが、
多くの写真にも使うことの出来るレタッチ方法ですので、
是非ご活用ください!

また、この記事を参考にレタッチしたよ!という方がいらっしゃれば、お声掛けいただけると嬉しいです!

それでは、本日はここまでとなります。
ご拝読いただき、ありがとうございました。

また、前回の記事は下記にございます。
よかったらご覧ください!

バックナンバー

レタッチリンク集

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


写真×旅行が好きな社会人です!自分の経験を周りに発信できればと思いブログを開設しました。私がカメラを趣味と呼べるまでに学んだことや、気になっているフォトスポット、旅行記事など、少し役立つコンテンツを目指して鋭意作成中です。主に、カメラ・写真・旅行・レタッチ・音楽・電子回路・結婚式~家族について、これまでの失敗談や成功談を交えてお話します。